サポート

消耗品について

消耗品について教えてください。

品名 型名 概要
カッターセット SILH-BLADE-3J ダイヤル式カッター刃採用で刃出し量の調整が簡単。薄い紙から最厚0.5mm(※ダブルカットモード時)までカット可能です。
カッティング用台紙 CUT-MAT-12-J 紙などをカットする場合に、メディアをしっかり固定するために使用します。
カッティングフィルム CR09016**-305シリーズ 伸びがよく、耐久性に優れたロールタイプのカッティングフィルムです。単色と12色セットがあります。
材質:塩化ビニール 屋外耐候3年
単色:305mm × 5m
12色セット:305mm×1m
色:黒・白・赤・青・緑・黄・茶・桃・橙・灰・金・銀
転写シート CR09017-305-R1A カットしたカッティングフィルムを、貼り付ける対象物に転写する際に使用します。
仕様:305mm×5m
ボールペンプランジャ CR09306 セット可能なボールペン
・円筒形のボールペンは直径がφ8.5mm以下のもの。
・六角形のボールペンは六角の対面寸法が7.5mm以下のもの。
・奥までセットした時、ペン先が3mmから3.5mm出るもの

カッターセットの寿命はどのくらいですか。

カッターセットの寿命は「刃の磨耗」と「刃先の向きを整えるベアリングの汚れ具合」によります。

  • 刃の磨耗
    寿命の目安としては、塩ビ素材のカッティングフィルムの場合は約4km、画用紙やはがき又はケント紙などの紙素材のメディアで約2kmです。フィルム素材などの一部のメディアでは徐々にではなく、突然切れなくなることもあります。また刃は非常に硬い金属で出来ていますが、衝撃に弱い(脆い)性質を持っています。取り扱いには十分注意してください。(ガラスを扱う感覚で取り扱ってください。)
  • 刃先の向きを整えるベアリングの汚れ
    カッターセットにはベアリングが組み込まれており、カットの方向に合わせて刃は回転します。このベアリングにメディア(主に紙)の切り粉などが入り込み、回転を妨げることがあります。刃出し量調整用のダイヤルから刃先のあたりをブロワなどで吹いて、いつもきれいにしてお使いください。

カッターセットの取り扱いがわからない。

実際にカットする時の手順でご説明いたします。 付属ソフトSilhouette Studioの“カット設定”画面です。ここでは“thank you”という文字をカッティングシートにカットしようとしています。 カッターセットで最も大事な設定が、刃出し量の調整です。Silhouette Studioには代表的なメディアをカットするときの刃出し量、カットスピード、カット圧の設定値があらかじめ登録されています。まずは表示される設定値でうまくカットできるかどうかをご確認ください。

  • 刃出し量調整の準備です 。
    刃出し量調整キャップをカッタープランジャの赤い線に合わせてセットします。
  • 刃出し量の調整をします。
    Silhouette Studioにカットする「メディアタイプ」を設定します。今回のメディアはカッティングシートですので、カット設定を“Silhouetteビニール”にします。各設定値は自動的に変わり、刃出し量は“2”になりますので実際のカッターセットの刃出し量も刃出し量調整キャップをまわして“2”に合わせてください。 (メディアの厚さによっては台紙までカットしてしまう場合がありますので、そのときは、“1”に設定してください。)

    ※刃出し量調整キャップを回す際のご注意点 刃先が出ていない状態(目盛0)から図の反時計回り(目盛10側)にはキャップを回さないでください。 同様に刃先が1mm出ている状態(目盛10)を超えて更に図の時計回り(目盛0側)には回さないでください。 これらの操作をされますとカッタープランジャが故障し調整不能になります。 刃出し量調整キャップが全く回せず刃が出せない、もしくは極端に刃が出過ぎのまま調整できない場合は、この回し過ぎによる故障状態と考えられます。 この場合は新しいカッターセットをご購入ください。 新品の場合でもこの回し過ぎによる故障の場合は保証対象外となりカッターの交換は出来ませんので予めご了承ください。
  • 刃出し量について
    実際のカッターセットの刃出し量は“0”から“10”まで設定できるようになっていますが、ほとんどの場合“1”から“3”まででカットできます。下図は最適な刃出し量に調整した場合の“メディア”と“台紙”と“カッターの刃先”の状態を表しています。“4”以上でカットする場合は、「刃先の折れ」や「カッティング用台紙を切り抜いてしまう。」または「カッティングマットを傷つける。」などトラブルが起きやすくなります。また鋭い刃先が飛び出た状態になりますので、取り扱いには十分気を付けてください。
  • カッターセットを本体に装着します。 ロックレバーを“OPEN”(緩める)方向に回して緩めます。
  • カッターセットをしっかりとホルダーに差し込み、ロックレバーを“CLOSE”(締める)方向に回し固定します。
  • 「CAMEO 2入門ガイド」を参照してCAMEO 2のローラーの位置調整を行い、本体のタッチパネルより[台紙なし]を押してカッティングシートをセットします。
  • “Silhouetteに送信する”をクリックします。 「SILHOUETTEに送信する」の画面が表示され、“CAMEO 2 ステータス:レディ”が表示されていれば[開始]をクリックすることで、カットデータが送信されます。

カッティング用台紙の寿命はどのくらいですか。

カッティング用台紙は少し厚めのフィルムの表面に粘着加工を施したもので、主に紙素材のメディアを切り抜く場合などの台紙として使います。 次の事に気を付けてお使いください。

  • 手垢やほこり、メディアの汚れなどが付着し、粘着力は徐々に弱くなってきます。
  • カットするとズレが生じるようでしたら寿命ですので、新品と交換してください。
  • 紙メディアで使う場合にコピー用紙等の薄い用紙は、剥がれなくなることがありますので、ご注意ください。 剥がれなくなると一回のカットで使えなくなることもあります。
  • カッターセットの刃出し量の調整に気を付けてください。メディアを切り抜く際、刃が出すぎていますとカッティング用台紙まで切ってしまい、1回のカットで使えなくなることもあります。取扱説明書に従い、刃出し量の調整をきちんと行ってください。

カッティング用台紙の使い方がわからない。

カッティング用台紙は、紙などの台紙がないメディアを切り抜く場合や、端材などセットが難しい形をしたメディアをカットする場合に用います。

<手順>

  1. カッティング用台紙のセパレーターを剥がして粘着面を出します。
  2. カットしたいメディアをSilhouette Studioの画面表示に合わせて貼り付けます。 ※カッティング用台紙は粘着力が強い為、薄い紙や表面が滑らかな紙(コート紙等)をご使用の場合、剥がす際に紙が破れたり、剥がれない事があります。製品及び、カッティング用台紙の購入直後は粘着力が非常に強い為、取扱には十分気をつけてください。 カッティング用台紙のイメージが表示されない場合は、ページ設定ツールアイコンをクリックしてカッティング用台紙を“Cameo12×12インチ”に設定してください。全体が表示されない場合はアイコンで表示画像を調整してください。
     
  3. カッティング用台紙は以下のようにセットします。

カッティング用台紙の粘着が弱くなった。

カッティング用台紙のメディアを貼り付ける面は、空気中の埃や手垢、メディアに付いていたゴミなどで、徐々に粘着力が低下してきます。使わないときは必ず粘着面に“セパレーター”を貼り付けて保管してください。また、粘着力が弱くなった台紙をそのまま使い続けると、ジャムの原因になりますのでご注意ください。早めの交換をお勧めいたします。 ※粘着力は徐々に弱くなりますので、そのときの粘着力に合わせて使い分ける方法もございます。

クラフトロボの消耗品は使えますか。

下記メディアはそのままお使いいただけますが、カットが可能であることを保証するものではありません。ご了承ください。

<メディア一覧とカット条件目安>
お客様のデータをカットする前に必ずカットテストを行ってください。

・設定方法 CraftROBO用メディアカット条件目安(PDF)
・クラフトロボサプライ購入は「Gストア」をご利用ください。

次のクラフトロボ消耗品は共通に使うことはできません。
・カッターセット
・カッティングマット
・カッティング用台紙

カッティングマットは交換できますか。

交換用カッティングマットは保守部品としてご購入いただけます。
弊社カスタマーセンターまでご連絡ください。

カッティングマットの交換方法は下記を参照下さい。
カッティングマットの交換方法: mat_koukan.pdf (1,030KB)

SilhouetteAmerica社SHOP掲載の消耗品を購入できますか。

Silhouette America社消耗品は日本国内でのお取り扱いはございません。