サポート

チュートリアル
アイロンプリントシートでオリジナルシャツを作ろう

標準付属アプリケーションSilhouette Studioでカットしたいデータを開くか、新規データを作成してください。データが裏返しに表示されるように、イメージを左右反転させて下さい。

市販のアイロンプリントシートの裏面が上側になるように本体にセットしてください。Silhouette Studioの「Silhouetteカットの設定」画面で、「Silhouetteアイロンプリント」を選択し、設定画面に従って、カッターの刃出し量を設定してカットをしてください。

カット完了後、アイロンプリントシートを取り出します。不用な部分を取り除き、必要な部分だけを残すカス取り作業を行います。この作業は、カット後に速やかに行ってください。カス取り作業を行う場合は、市販のフック、ピンセット等を使用すると便利です。

カス取り作業が終了したら、シャツの転写したい場所に配置します。このとき転写する部分が正常な向きに見えるように配置します。

保護シート(布)をあてて、アイロンをしっかり押し付けます。アイロンを当てる時間や温度等の条件は、アイロンプリントシートの取扱説明書に従ってください。アイロンは横にずらしてはいけません。全体重をかけるイメージで圧力をかけて転写してください。

アイロンと保護シート(布)をはずし、丁寧に転写シートを剥がします。転写したい部分が転写シートから剥がれない場合は、保護シート(布)をあてて、しっかり圧力がかかるように再度アイロンを当ててください。

※ご使用にアイロンプリントシートによっては刃出し量や圧の再調整が必要な場合があります。
※アイロンプリントシートによっては使用できない繊維があります。ご利用前に必ず確認をしてください。
※出来上がった服を洗濯、乾燥させる場合は、服を裏返しにしてください。
※アイロンを使う場合は、十分注意してください。