環境設定 – デフォルト

環境設定メニューのデフォルトタブでは、ページやツールタイプのデフォルト設定などをおこなうことができます。

環境設定メニューは、編集メニュー( Windows )またはSilhouette Studioメニュー( Mac ) を開くと表示されます。
また、画面右下の [ 環境設定 ] ボタンをクリックして表示することもできます。

ページ設定:
起動時に表示されるドキュメントの向き(縦または横)を指定します。

ブレードタイプ:
初期設定のカッターブレード種類(オートブレードまたはラチェットブレード)を指定します。

塗りつぶしの種類のデフォルト設定:
新たに描いたオブジェクトを、枠線のみ(赤の線または灰色の線)で表示するか、塗りつぶされた画像で表示するかを選択します。

マットを常に表示:
起動時に常にカッティング用台紙の表示をOnにするかを指定できます。

ページの端までカット:
ページの端までカットするかどうかの選択ができます。チェックした場合、カット可能範囲(赤い枠)がページいっぱいに広がります。カッティング用台紙が指定されている時のみ適用されます。

トンボ:
起動時に常にトンボ(位置合わせマーク)の表示をOnにするかを指定できます。

回転の中心:
オブジェクトの中心の点を基準に回転します。

パネル:
画面右側のSilhouette Studioツールの表示方法を設定できます。

  • 単一パネルモード
    一度に開くことができるパネルは1つだけです。 パネルを開いているときに別のアイコンをクリックすると、以前開いていたパネルの代わりにそのパネルが開きます。
  • フレキシブルパネルモード
    単一パネルモードと同様に、複数のパネルを一度に開くことはできません。 しかしパネルをデフォルトの場所から移動した場合、別のパネルアイコンをクリックしてもパネルは開いたままになります。
  • マルチパネルモード
    すでに開いているパネルの数に関係なく、すべての新しいパネルが開きます。

Silhouetteデバイスの接続:
複数のSilhouetteマシンがある場合、ソフトウェアとデバイスの接続を自動解放するか、維持するかを選択できます。