フォントの作成パネル

フォントの作成パネルでは、手描きの文字をフォントに変えることができます。
作成したフォントをパソコンに保存し、Silhouette Studio や他のアプリケーションで使用することができます。

フォントを作成する詳しい方法は以下のページでご確認いただけます。

手描きの文字をフォントにする

フォントクリエイターシートを表示
フォントにする文字を描くためのシートを画面に表示します。
右側のプルダウンリストで サイズ(A4 / レター)を指定し、印刷します。

スキャン / 写真
フォントクリエイターシートに描いた文字を Silhouette Studio にインポートする方法を指定します。

キャリブレーション用紙を表示
フォントクリエイターシートををSilhouette Studioにインポートする際にエラーメッセージが表示される場合は、カメラのキャリブレーションをおこないます。
作成した文字はあとで編集できるため、キャリブレーションをせずにインポートすることも可能です。

また、主なカメラのキャリブレーションプロファイルはソフトウェアに内蔵されているため、メッセージが表示されない場合もあります。その場合は、キャリブレーションをおこなう必要はありません。