手描きの文字をフォントにする

Silhouette Studioでは、手描きの文字をフォントとして登録することができます。
また、作成したフォントはパソコンに保存・インストールし、Silhouette Studio や他のアプリケーションでも使用することができます。

手描きの文字をフォントにする

フォントクリエイターシートを画面に表示します。

右側のプルダウンリストで サイズ(A4 またはレター)を指定します。

フォントクリエイターシートに文字を描きます。

  • 太い黒のペンを使用してください。
  • 文字は枠内に収まるように描いてください。

フォントクリエイターシートの画像をパソコンにインポートします。

スキャナの場合
接続しているスキャナをリストから選択し、 [ スキャン開始 ] ボタンをクリックします。

カメラの場合
カメラでフォントクリエイターシート全体の写真を撮って [ 写真をインポート ] ボタンをクリックし、保存した画像ファイルを指定します。

フォントクリエイターシートをSilhouette Studioにインポートする際にエラーメッセージが表示される場合は、カメラのキャリブレーションをおこないます。
作成した文字はあとで編集できるため、キャリブレーションをせずにインポートすることも可能です。

イメージがインポートされると、デジタルフォントの作成タブに文字が表示されます。

画像ファイル名をダブルクリックして、フォントの名前を入力します。

保存オプションを指定します。

テスト
フォントをパソコンにインストールします。
フォントは保存されないため、Silhouette Studioを終了した後は使用できません。

最終バージョンを保存してインストールする
フォントをTTFファイルとして保存し、すべてのアプリケーションで使用できるようにフォントをインストールします。

インストールせずに最終バージョンを保存
あとでフォントをインストールできるように、TTFファイルとして保存します。

文字を入力し、テキストの書式パネルで作成したフォントを選択すると、手描きのフォントで表示されます。

作成したフォントの編集方法については、以下のページでご確認いただけます。

手描きのフォントを編集する

S-KEY tp014313