テストカット

使用するメディアの厚さや質、カッターの摩耗度合いによって、最適なカット条件は異なります。
刃出し量・カット圧・速度などのカット条件が適切でない場合、刃先が折れたり、カッティングマットを傷つけてしまう場合があります。
また、期待したカット結果が得られず、メディアを無駄にしてしまうこともありますので、カットの前には必ずテストカットをおこなってください。

Silhouette Portrait 2にメディアをセットします。

Silhouette Studioを起動し、送信パネルを開きます。

メディアタイプを選択し、カット条件を設定します。

アクションに[カット]を選択し、ツールを指定します。

カット条件を調整します。

ポジションキーを長押しして、テストカットしたい位置にカッターブレードを移動します。
キーでツールキャリッジが左右に動き、キーでメディアが前方に、キーでメディアが後方に動きます。

[テスト]ボタンをクリックすると、正方形と三角形のテストパターンがカットされます。

テストカットが終了したらメディアを取り出します。

外側の四角形を剥がし、切り残しがなくきれいにカットされているか確認します。

次に内側の三角形を剥がし、カッターの跡(刃型)を確認します。
台紙にカッターの跡が薄くついている程度がベストです。

メディアが切れていなかったり台紙まで貫通してしまっている場合は、カット条件を見直して再度テストカットをおこないます。
ベストな状態になるまで、カット条件設定とテストカットを繰り返してください。

S-KEY t130004