点の編集モード

S-KEY t210009

点の編集モードでは、オブジェクトの任意の点を編集できます。
選択した画像をダブルクリックすると点の編集モードに入り、クイックアクセスツールバーや頂点の編集パネルに編集ツールが表示されます。

ポイント編集モードを終了するには、画面の空白部分をクリックするか、選択ツールをクリックして通常の選択モードに戻ります。

ポイント編集できるのは、グループ化されていないオブジェクトのみです。
オブジェクトをダブルクリックしても点の編集モードが有効にならない場合は、オブジェクトをグループ解除するか、複合パスにする必要があります。

点の編集モードでは、選択した点は白く表示され、他のすべての点は濃いグレーで表示されます。
選択された点に関連付けられている選択された線は、太い赤い線として強調されます。
青い点がついている線は、曲線を調整するためのハンドルです。

点の移動/調整

点の編集モードに入ると、すべての点はドラッグして移動することができます。

点の追加

オブジェクトの線上をクリックすると、点を追加することができます。

点の削除

選択した点を削除するには、キーボードのDeleteキーを押すか、クイックアクセスツールバーまたは頂点の編集パネルの[削除する]をクリックします。

パスの切断

選択した点を右クリックして[パスを切断する]を選択します。クイックアクセスツールバーや頂点の編集パネルで[パスを切断する]をクリックしても同様に、選択した点でパスを切断することができます。

点が赤く変わったら、ドラッグすることで線を引き離すことができます。
同じ複合パスにある切断されたパスの両端は、一方に向かってドラッグすると接続することができます。

直線にする

選択した(赤く表示された)曲線を直線にすることができます。

曲線を選択します。
[直線にする]をクリックすると、曲線が直線に変わります。

曲線にする

選択した(赤く表示された)直線を曲線にすることができます。

直線を選択します。
[曲線にする]をクリックすると、直線が曲線に変わります。

シンプル化

複雑な形状のオブジェクトには、非常に多くの点が含まれています。
シンプル化ツールは、画像に含まれる点を自動的に再調整し、画像の形状を変更せずに最小数のポイントに単純化します。

デザインに含まれる点が少なくなると、処理する情報が少なくなります。つまりデザインが容易になり、より速く、よりきれいにカットされます。