トンボの配置

トンボ(位置合わせマーク)を配置する

印刷した画像の位置に合わせてカットをおこなう場合、トンボをカットデータ上に配置する必要があります。

トンボ付きのデータがカッティングマシンに送信されると、カット動作の前にカッティングマシンに内蔵されたセンサーがトンボをスキャンします。
カットデータ上に配置されたトンボとデザインの位置関係を認識することで、印刷位置に合わせてカットを行うことができます。

  • メディアの印刷は、トンボの配置後に行ってください。
  • トンボを配置した後はデザインの位置を移動しないでください。印刷した画像とカットの位置がずれてしまいます。
  • カッティング用台紙を使用してトンボをつける際に必要な余白(マージン)は 10 mm 以上です。
    用紙の端から 10 mm 以内の位置にトンボが入らないように配置してください。
  • カッティング用台紙を使用せずにトンボをつける場合、用紙の後端に必要な余白(マージン)は 26 mm 以上です。
カッティング用台紙を使用する場合
カッティング用台紙を使用しない場合

Adobe IllustratorまたはCorelDRAWでデザインをおこないます。

トンボ(位置合わせマーク)メニューを開きます。

Adobe Illustrator:
ファイルメニューで[ Silhouette Connect ]をクリックし、[トンボ]を選択します。

CorelDRAW:
アプリランチャーをクリックし、[ Silhouette Registration Marks ]を選択します。

トンボパターンで[ タイプ1] を選択します。

トンボの寸法(長さ/太さ)を設定します。

トンボを配置する位置を設定します。[ カットジョブからの距離] または[ メディアからの距離] のいずれかを選択し、マージンでその距離を設定します。

[ OK ] ボタンをクリックするとデザインソフトウェアのカットデータ画面にトンボが自動的に配置されます。

カットジョブから30 mmの位置にトンボを配置
メディアから15.88 mmの位置にトンボを配置

Silhouette Connectに送信した際に表示される網掛けのエリアにデザインが入り込まないように、トンボの大きさや位置を設定してください。デザインをトンボと誤って認識し、カット位置がずれたりエラーが発生する場合があります。
また、トンボを用紙の端から近すぎる位置に配置すると、用紙の端をトンボと誤って認識してしまい、カット位置がずれたりエラーが発生する場合がありますのでご注意ください。

トンボを配置したデータをメディアに印刷します。

S-KEY t220002