使い方ガイド

クラフトブレード2mmの使い方

  • S-KEY G-00028435
  • 更新日 2021年5月19日

クラフトブレード2mmの使い方

商品の基本情報はこちら

クラフトブレード2mmはカッターの刃出し量を2mmまで手動で調整できるブレードです。
2mm以下の厚みの柔らかい素材のカットに適しており、0.1mm単位よりも細かい単位で刃出し量を調整したい方や、いつも同じ素材をカットする方におすすめです。

使用可能な機種
・CAMEO4 シリーズ(ツール1にセット)
・Portrait3

使用できない機種
・CAMEO3、CAMEO2、CAMEO
・Portrait2

  • カッター刃を取り扱う際は、手などを切らぬように十分ご注意ください。
  • クラフトブレードを保管する際には必ず、キャップを時計回りに緩めてカッター刃が出ていない状態まで戻してください。

ステップ1:デザインの準備

ページ設定を行います。

ページ設定パネルで、使用するマシンや、カッティング用台紙の有無・メディアサイズを設定します。

カットデータを作成します。

カットデータは描画ツールを使って作成したり、シルエットデザインストアからダウンロードしたり、挿入した画像をトレースして作成することもできます。
詳しい内容は下記のチュートリアルでご確認いただけます。

ステップ2:送信タブで設定を行う

カットしたいメディアに合わせて新規カット条件を選択します。

新規カット条件:使用するメディアを選択します
      ※今回は合成皮革を使用します

カットラインが赤で表示されます。

カットしたいメディアに合わせて、アクションとツールを選択します。

アクション:クラフトカットを選択します。
ツール:Kraft Blade 2mmを選択します。
オレンジ色の〇で囲んだ数値が刃出し量の適正値です。


プレビューでオレンジ色の〇で囲んだようなカットラインが追加されます。
これは、スマートカット機能という刃先の方向制御を行う機能です。


シルエット純正メディアであれば、刃出し量の適正値が表示されますので、表示された刃出し量に合わせます。
市販のメディアを使用する場合は近しい素材を選択し、表示された刃出し量に合わせ、テストカットを行いながら適正値を確認してください。

ステップ3:カッティングマシンにメディアをセットする

マシンにカットしたいメディアをセットします。

ピンチローラーの位置を移動し、ローラーに均等に突き当てます。
[メディアセット]ボタンにタッチすると、メディアが自動的に引き込まれます。
詳しい内容は下記のチュートリアルでご確認いただけます。

ステップ4:カッティングマシンにブレードをセットする

クラフトブレードの刃出し量を調整します。

送信パネルに表示された刃出し量の適正値に合わせて、刃出し量を調整します。刃出し量を調整する際には、1度カッター刃がでないギリギリのところまで緩めてから右回りに刃出し調整キャップを動かし、刃出し量を調整します。

1目盛り:0.1mm、2目盛り:0.2mmのように刃先がでます。
1目盛りと2目盛りの間は0.1mm~0.2mmと微調整できます。

クラフトブレード2mmは2周回すことができ、1周目が0.1mm~1.0mm、2週目が1.1~2.0mmまで調整できます。

調整する際には、カットするメディアの厚みより若干多く刃が出るようにしてください。メディアの厚み+0.2mm程度が目安です。

クラフトブレードをカッティングマシンにセットします。ロックレバーを手前に引いてロックを解除します。

※画像はCAMEO4にセットする場合です。
Portrait3にセットする場合も同様にセットします。

CAMEO4 シリーズセット位置

マニュアルブレードを下までしっかりと差し込みます。

レバーを押し戻してロックします。

ステップ5:メディアをカットする

テストカットを行います。

メディアが切れていなかったり台紙まで貫通してしまっている場合は、カット条件を見直して再度テストカットをおこないます。
ベストな状態になるまで、カット条件設定とテストカットを繰り返してください。

詳しい内容は下記のチュートリアルでご確認いただけます。

[送信]ボタンをクリックしてカットします。

カットが終わったら、マシンからカッティング用台紙を取り外します。